1. HOME
  2. 事業案内
  3. 機体販売
  4. Inspire 2

機体販売

最新機種のご相談もお任せ

機体販売

Inspire 2

Inspire 2

映像制作者にとって必要不可欠なパワフルでプロ向けのドローン

Inspire 2

Inspire 1の登場は、世界中に驚きをもたらしました。HD動画伝送システムと統合された世界初の空撮ドローンで、360°回転式ジンバルと4Kカメラを搭載、アプリによるコントロールも実現しました。Zenmuse X5とX5Rカメラの発売により、Inspire 1は世界中の映像制作者にとって必要不可欠なツールになりました。Inspire 2は、Inspire 1が持つすべての機能を継承し、さらに改良が加えられています。新しい画像処理システムは、Adobw Cinema DNG RAW、Appke Pro Res等に対応し、最大5.2Kまで撮影することが出来ます。このサーズの機体としては前人未到の速度と敏捷性を誇り、停止した状態から時速80kmまでわずか5秒で加速、最大スピードは94kmに達します。デュアル・バッテリーシステムはフライト時間を最大27分に延長し、自己発熱技術によって低温環境下での飛行も可能となりました。Flight Autonomy(フライトオートノミー)も改良され、2方向の障害物回避が可能となり、センサーの冗長性も提供されています。スポットライトプロを含む複数のインテリジェント・フライトモードが追加され、パイロット一人だけでも、より複雑でドラマティックな映像が撮影できます。内臓FPVカメラとメインカメラからのビデオストリーミングも同時に伝えるので、パイロットとカメラオペレーターは、より優れたコラボレーションを実現できます。

Inspire 2の機体

Inspire 2の画像システム

Inspire 2の送信機

プロフェッショナルのための画質「Inspire 2には最新のCineCore2.0画像処理システムが搭載され、5.2Kの動画をAdobe CinemaDNG・Apple ProREs等で録画可能です。機体のノーズ部分にCineCore2.0は内蔵されており、専用のジンバルポートで対応するカメラの取り付けが可能です。」

効率的なワークフロー「Inspire 2のくりちてぃぶなワークフローは完全に快適化されており、Adome CinemaDNGとApple ProResで動画を録画できます。さらに、映像制作のポストプロダクションには、その他の一般的なフォーマットを使用することが出来ます。FAT32/exFATファイルシステムにも対応し、追加のソフトウェアなしでCINESSDから迅速にファイルをコピーすることが出来ます。」

障害物完治・回避機能「機体の前方と下向きにそれぞれ設置された美人・センサー・システムにより、Inspire 2は最大30m先までの障害物を検知出来ます。最大傾斜25°で、最大54km/hで飛行しても障害物を回避できます。また、上方の赤外線センサーは、5m上までの障害物を検知し、狭い空間での安全性がさらに確保されます。障害物検知システムは通常の飛行中、Rturn-to-Home中、すべてのインテリジェント・フライトモードにおいて機能します。これらのセンサーは、Flight Autonomy(フライトオートノミー)の重要な役割を果たし、下記の特徴をInspire 2にもたらしています。」

スポットライトプロ「スポットライトプロはパワフルな追尾モードです。パイロット1人でも複雑なカメラワークでドラマチックな映像を撮影できます。スポットライトプロは、飛行中にInspire 2がどの方向を向いていても、最新のビジュアル・トラッキング・アルゴリズムを使用して被写体をフォーカスし続けます。このため、専用のカメラオペラ―ターが居なくても、こうしたクリエイティブな撮影が出来るようになりました。ジンバルが回転制限に達した時、Inspire 2は、操作に営業を及ぼすことなく、機体自信をカメラと同じ方向に回転することで、ジンバルの動きに制限されずに映像を撮影することが可能です。撮影モードには、クイックモードと構図モードの2種類のモードがあります。クイックモードでは、追尾する被写体を選択します。構図モードは、追尾する被写体と追尾する位置を選択します。被写体が事前に設定された位置に来た時に、ショートカットを押すと、追尾が開始されます。ジンバルは構図を調整するために、撮影中でも操作できます。スポットライトプロは、AvtiveTrack(アクティブトラック)・TapFly(タップフライ)・ウェイポイントとポイントオブインタレストを含むすべてのインテリジェント・フライトモードで使用できます。」

インテリジェント・フライトモード「スポットライトプロに加えて、様々なインテリジェント・フライトモードと撮影モードを使用することが出来ます。障害物回避はポイントオブインタレストとウェイポイントの使用時に最適化され、複雑な撮影を簡単にし、繰り返し撮影を可能にします。よりチャレンジングな撮影をシンプルにするクイックスピン・TapFly(タップフライ)とAvtiveTrack(アクティブトラック)でも使用することが出来ます。」「TapFly(タップフライ):Inspire 2は、2軸スタビライザー付きのFPVカメラが備えられたことにより、メインのカメラとは別の視点を持つことが出来ました。このカメラは、機体正面の映像を捉え続けるため、タップフライで特に役立ちます。FPVビューの画面上で飛行させたい位置をタップすると、飛行ルートを設定できます。Inspire 2は自動でそのルートに沿って飛行するため、パイロットはジンバルの操作に集中できます。」「ActiveTrack(アクティブトラック):Inspire 2はActiveTrack(アクティブトラック)モードで、人・自転車・車からボートまで、様々な被写体を認識します。被写体の特性にもとづいて追尾プロファイルが調整されるため、追尾制度がより向上します。」

スマートRETURN-TO-HOME「機体の前方と下向きにそれぞれ設置されたビジョン・センサー・システムにより、Inspire 2は、飛行中にリアルタイムで飛行ルートのマップを作成します。映像伝送システムの信号がロスとして、スマートRETURN-TO-HOMEが作動すると、元の飛行すルートに沿って帰還します。また、信号が復帰すると、直線の動きに変更します。ホームに帰還する際は、主要なカメラを使って障害物を最大200m先まで認識し、安全な飛行ルートを計画し、そのルートで帰還します。信号を失った場合でも、より迅速に再接続します。」「伝送システムとコントロールシステムの最適化:最新のLightBridgeテクノロジーを採用」「マスター送信機とスレーブ送信機:新しい無線HD映像伝送技術が動画情報をマスター送信機からスレーブ送信機に送信されます。」「放送モード:放送局は専用の1080i50と720p60伝送信号を使って、Inspire 2から直接放送することが出来ます。Inspire 2の送信機を衛星トラックと接続するだけで、空撮ライブを直接TVにマナ放送できます。」

パワフルな飛行性能「あたらいい推進システムが、次世代のフライトパフォーマンスをさらにパワーアップさせるために最適化されました。Inspire 2 は最大速度94km/h、最大加工速度6m/sで飛行します。
時速0kmから80kmまでわずか4秒で加速し、最大傾斜角40°で飛行します。2つの送信機で操作することにより、より高感度でデリケートな操作が簡単に行えます。パワーアップした飛行性能で、Inspire 2 は極限の条件下での飛行の実現できます。自己発熱型フライトバッテリーのおかげで、海抜2500~5000m上空や気温-20度での飛行も可能です。」

信頼性の強化「IMU、コンパス、気圧計といった主要なモジュールが冗長化されることにより、信頼性が大幅に増大しています。インテリジェント・フライト・コントロール・システムが冗長化されたシステムを監視し、正確な飛行データを提供します。」「新しい障害物検知システムにより、Inspire 2は障害物を検知して回避し、衝突のリスクを最小化します。デュアルバッテリーなので、どちらかのバッテリーに不具合が生じた場合でも残りのバッテリーがフライトを維持し、安全に着陸できます。また、Inspire 2の推進システムはシリアルポート信号が冗長性PWM信号で駆動させているため、PWM信号が失われてもシリアルポートから伝送が維持されます。この推進システムは何千時間もおよぶ信頼性試験を受けており、主要なセンサーとデュアルバッテリー設計と組み合わせることで、飛行の信頼性が総合的に強化されています。」